朝シャンプーから卒業し、夜シャンプーで薄毛改善!

分け目とつむじのところが薄くなり、髪型を変えるにもチャレンジ出来ず、後ろで一つに結ぶスタイルで分け目とつむじを隠すようにしていました。
また、薄くなっていることが気になり、合わせ鏡で毎日確認したりしていました。
ショッピングモール等のエレベーターに乗ると、頭上が映るように鏡が設置してあるため頭皮が丸わかりでショックを受けることも多くありました。

薄毛に悩んでいた時期は、同時に仕事に毎日疲れ、夜は帰ってから食事を済ませ就寝し、朝起きてからシャワーを浴びて出勤する日々でした。
毎日、頭皮の汚れを洗わないまま寝て、朝はシャンプーしても乾かし方が不十分なまま髪を結んで出勤という、頭皮には悪い循環でしかなかったと思います。
しかし、結婚を気になった主人との暮らしが始まり、必ず仕事から帰ってから入浴を済ませるという当たり前のサイクルになったことによって、しばらくたって気がついてみる分け目があまり気にならなくなっていました!

その日の汚れをその日のうちに洗い、きれいな状態で睡眠を取るという当たり前の生活サイクルを送ることが大切だということを痛感しています。埼玉で薄毛治療を受けようとしていたくらいなので、ほっとしました。
また、以前は朝は乾かしきらないままに髪を結び、髪や頭皮が湿気たまま雑菌も増えていたかもしれません。それもなくなったので、頭皮の環境が改善したと思います。
やはり日中に活動し夜に休めるということは髪や頭皮にとっても大切なのですね。