抜毛予防のシャンプーでも、こすり過ぎはダメ

男性でも女性でも毛髪が抜けて、頭皮が見えるくらいに薄くなってきたなら、焦ることは無理もないことです。

その時になって、焦っても決して、むやみやたら頭皮を刺激しすぎないようにすることが大事です。

というのも、大阪でも指折りのAGA治療の先生に聞いたのですが、抜け毛の原因は、毛穴に皮脂等の脂分が詰まってしまい、血行が悪くなることも原因の1つに挙げられます。

抜け毛予防のシャンプーやスプレーで頭皮を刺激してやり血行促進を狙うのですが、洗髪する時に毛穴の汚れを落とそうと、あまり強く洗い過ぎると、良くないのです。

頭皮を刺激しすぎて、余計に皮脂の分泌雨量が増えてしまうので、毛穴が詰まりやすくなるのです。

そうなると、せっかく洗ったつもりでも、育毛スプレーの成分は皮膚の奥まで浸透しづらくなってきます。

そうなると、育毛効果が現れずに無駄になるだけです。

抜け毛予防を意識した洗髪は、爪を立てずに指先で優しく撫でるようにマッサージするように洗うことが、必要です。

そうすることによって、毛穴の汚れがきれいに取れて育毛成分が皮膚の底まで染み渡らせることができるのです。